Copyright (C)
Japan Federation of
Housing Organizations.
All rights reserved.
第30回住生活月間協賛・まちなみシンポジウム
郊外住宅地の多世代居住を進めるには
―住宅地マネジメントによる可能性を探る―
期日: 平成30年10月19日 (金)
会場: 独立行政法人住宅金融支援機構すまい・るホール
  (東京都文京区後楽1-4-10)
主催: (一財) 住宅生産振興財団、日本経済新聞社
後援: 国土交通省、住宅金融支援機構、都市再生機構
開催趣旨:
 かつて住宅すごろくのあがりともいわれた郊外一戸建て住宅。いまこのような住宅地は高齢化や居住者の減少に直面しています。その要因の一つとして同時期に開発されて入居した住民が一様に年齢を重ねてきたという開発地特有の等質性が挙げられます。今後、住宅地の活性化のためには多世代居住を進めていく必要があります。空き地・空き家への入居促進のみならず、既存住民のライフステージに合わせた適切な地区内住み替えなど、住宅地全体の居住マネジメントによる課題解決の可能性を探りたいと存じます。
申込等、詳細はこちらをごらんください。